水着性能の向上が人の生活を変えていく


学びたいメダルのための研究や技術開発

http://www.nikkansports.com/sochi2014/column/tamesue/news/p-sochi-tp0-20140219-1259603.html
(日刊スポーツ・ソチ五輪特集より引用)

競技に求められるウェアの機能

ソチ五輪が終わりました。
今回は冬季五輪ですので世界の競泳水着が見られる水泳競技はありませんでしたが、ぴったりとしたフェティッシュ系のウェアを身につける、という意味ではスピードスケートなどの競技があったのではないでしょうか。

ほとんどの競技に言えることかもしれませんが、メダルを取るためには選手自身の身体能力・技術の向上はもちろんのこと、ウェア自体にも様々な技術が必要とされます。
参考・引用の記事では、特に水の抵抗を受ける競泳はレーザーレーサー(※)のような水着でスピードに挑戦することが効果的と言われています。
これはさながらF1の世界のようでもあります。
※撥水(はっすい)性に優れたラバー性の水着で、08年北京五輪では23の世界新記録をつくった「魔法の水着」。現在は使用禁止。(記事より引用)

こういった技術はスポーツの世界を牽引していっているというのは間違いありませんが、他の部分でも応用することができ、ウェアの性能向上が人の暮らしを変えていく、といっても過言ではありません。

The following two tabs change content below.
Japanese fetish site 『より多くの女性にたくさんの水着を』というシンプルなコンセプトの水着フェチサイト。スクール水着、競泳水着を中心に写真集制作を行っております。ドメインがsukumizu.tvであるのにも関わらず、競泳水着が多めなのはご愛嬌。さまざまなタイプの女性と水着の共演をお楽しみください。