スクール水着最前線!ワンピース型の現象が顕著に

スクール水着”最前線、今や「ワンピース型」は少数派になっていた!

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130514/1049238/?ST=life&P=1
(引用元:日経トレンディネットより)

日経トレンディネットがこんな見出しでコラムを出したのはとても面白いと思いますが、スクール水着におけるワンピース型の現象はやはり顕著に表れているようです。
しかし1990年代から2000年代にかけて減少しているとされてきた水泳の授業が、ここ最近は復活の傾向にあるという話を聞いたことがあります。
恐らく児童の運動能力低下、泳げない子供が続出しているという点に文部科学省が危惧し水泳の授業を行うように通達があったのかもしれません(調べていませんし、推測ですが)
その中においてスクール水着というものが見直され、新しいスクール水着、より現代の考えに沿ったものに進化しているのではないでしょうか。
その証拠に新しいスクール水着が開発されているニュースをちらほらと聞くようになりました。
4月頃はフリル付きスクール水着なんてものもありましたしね。

ただワンピース型が少なくなってきている、という話は今に始まったことではなく早い段階では2000年前後には話題になっていました。
当時はスパッツ型の水着が出てきた時期だったと思いますが、スク水フリークの中ではあのフォルムを見てショックを受けた方も少なくなかったと思います。
やがてスパッツ型からセパレートへ、という時代に差し掛かっていると思いますが、水着自体の機能は格段に上がっているのではないかと思います。
実際、上記ニュース記事を見ているだけでもしっかりと児童の安全、考えを取り入れられて作られています。

こうした流れは色々関係のない我々のようなところで議論されることもしばしばですが、本質は子供たちに水泳、水に触れる楽しさを学んでもらうという大切な機会を生み出すためのアイテムでもあり静かに見守っていければと思っています。

フットマークセパレートスク水

The following two tabs change content below.
Japanese fetish site 『より多くの女性にたくさんの水着を』というシンプルなコンセプトの水着フェチサイト。スクール水着、競泳水着を中心に写真集制作を行っております。ドメインがsukumizu.tvであるのにも関わらず、競泳水着が多めなのはご愛嬌。さまざまなタイプの女性と水着の共演をお楽しみください。