オンナにとっての食い込みホントのところ

MUV-LUV ALTERNATIVE STRIKE FRONTIER

競泳水着を魅せながら性行為をする。この素晴らしき世界へ足を踏み入れるのは結構な壁をいくつも越えなければならない。もし、女性の読者さまがいるのであればここで言いたい!ネコはいいたい!「着て欲しいという提案するのはプロポーズするよりも深く考え、勇気のいる行為だから何も言わずにOKしてやれ」。なんでもかんでも「キモい」とか「あり得ない」の一言で片づけるな!

食い込みは痛いのよ

しかし着てみると今度はまた新たな問題が発生する。それは「テンションが上がりすぎて食い込ませ過ぎちゃう問題」である。そもそも競泳水着は競技用なので非常にタイトに作られているので正直、着ているだけで肩が痛くなるくらいキツイ。大体男性は良かれとおもって2サイズくらい小さいのをチョイスしてくれるのでなおさら。この状態で食い込ませちゃうと実はかなり「痛い」。股間だけではなく一番キツイのは肩なのですが、女性は結構な確率で肩こり持ち、とくにおっぱい大きい系の子は自重でもキツイのでなおさらだと思われます。その点私はコンパクトにまとまっているので心配ない、、、、。

食い込むことを前提とした水着のチョイスがナイス

noa.feti_c4_img01
さらに着たまま挿入なんてしようものならばさらに引っ張られるのでこれはもうすでに着衣を通り越して緊縛である。たまにM属性の子もいるのでそのようなタイプの子には効くかもしれませんが普通は耐え忍ぶ耐久性行為になってしまう可能性が高いので気を付けられたし。もし着たまま性行為を楽しみたいのであれば2サイズくらいオーバーのものを用意するのが得策。着てもらう際には
「タイトだから体に負担がかかると悪いから大きめのヤツにしたんだよ」と説明しておかないとサイズをみた彼女は「私、そんなに太ってないわ!」って喧嘩になりますからね。

ノアさん出演の写真集もあります!sukumizu.tvの競泳水着写真集はコチラから!>
DL.Getchu.com

人工的食い込みに走る女性と自然派にこだわる男性

で、競泳ファンの間でも賛否が分かれる「食い込ませ」である。やはりハイレグとは食い込むためのものだと思うので食い込みは非常に重要なのですが自ら食い込ませるというのはゲンナリするというのが大半の意見である。やはり動いているうちに食い込んじゃった、こそが魅力なのだ!というのがその理由らしい。その一方でフェチ向けモデルさまでもがっちり食い込ませちゃう方が多いのは「男なんて食い込ませることしか知らないじゃない、だったらガッチリ食い込ませて見せてあげるわよ」というアンサーなのかもしれません。どちらも納得できる意見なので難しいところですが・・・。男性と女性のあいだには決して埋まることのない溝が存在するのだよ、というのは本当なのかもしれませんねぇ。

The following two tabs change content below.

Doll#27 ノア

sukumizu.tv Doll#27 フェチ界に突如として現れた「わたしよりフェチなやつに会いに行く」というスタンスをもったアグレッシブモデル。競泳水着をはじめとするあらゆるコスチュームを身にまとい今日もフェチ道を究めんとする。自身で情報を発信する他、様々な媒体でも活躍中。